公民館の講座イベントに行ってきた!

2019/07/04、「広島城下町と西国街道を学ぶ」 という
公民館の講座イベントへ行ってきました。
講師はNHKブラタモリに出演した、
本田美和子さん。
かつて広島城学芸員をしていましたが、
いまは郷土資料館に勤務中。
資料をいろいろ配っていただき、
13:30~15:00になるまで
集会所で聴講しておりました。

この講座は 広島市がやっている、
「高齢者いきいき活動ポイント対象事業」
なのだということで、年齢の高い人が
40人ぐらい集まったでしょうか。
わたしはちょうど2日にハリポタ魔法同盟がはじまったこともあり、
歩いて集会所まで行きました。
昼間だったから汗だくでした。

講座の内容は、さほどインパクトのあるものではないものの、
歴史に詳しくないわたしでも、ついていける内容でした。
スライドを見ながら説明が始まります。
毛利が先に広島に来ていて、次が福島正則、
最期に浅野となったわけですね。
毛利が広島を追い出されたのは、関ヶ原の合戦で総大将だったので
山口へとばされちゃったせいなのだそうです。
総大将が石田三成ではない、と本田美和子さんは明言していました。
なぜ誤解が広まったのかまでは触れませんでした。

福島正則が広島を追い出されたのは、武家諸法度に違反したから。
罰せられた第一号だったそうです。
城の修復を勝手にした、というのが理由なのだとか。
それでもやりすぎだという批判を受けて、
広島城の石垣を修理しようとしたあとが
残っているそうです。

あと、本通りとは メインストリートという意味だ、とか、
広島城はメルパルク広島のところまであった、とか、
県民文化センターはかつては宿場で、
近藤勇も泊まったことがあるとか、
広島独自の面白雑学が目白押しでした。

もともとこの講座は、浅野が入広400年だということからはじまったそうです。
資料をいただき、それにメモをしながら、
「役に立たないけど面白いよねー」
などと言っていました。
昔の人は、1日に30kmは歩いていたそうです。
1時間4キロとして、7時間程度歩くってこと。
あし、はやいのね。
と思った、その日のわたしでした。

応援クリックよろしくお願いします。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です