中国新聞短編賞に再挑戦します

10年ぶりぐらいに、中国新聞短編賞へ再挑戦します。
以下は、そのボツ原稿。
(引用開始)
今でも夫とタンデムして、広島県内を日帰り旅行に出る。そんなあるとき、饒津神社の涙型の石碑を見て、投下地点からここまで、原爆犠牲者がどんな思いでたどり着いたのかと背筋が凍り付いた。
わたしは想像しようとした。いまは建物やショッピングモール、百貨店などのならぶこの広島市内には、かつてまるでなにも、そう、ネズミ一匹いなかった時があったのだと。
実感を伴わない現実だった。たった七〇年まえには、ここにあるのは、水を求めてうめく声や、苦しみもがく姿が、数多くあったのだというのに。
広島というと、お好み焼きか、牡蠣か、宮島か、カープぐらいなものだ。原爆だけは特別で、マスコミでも関連記事や放送が、毎日のようにある。通院すると、年寄りたちが、原爆の話をする。
(引用終わり)

といったふうに、かつてネットで発表したようなことを
リライトして、新しい視点です、すごいでしょ、みたいな顔で
投稿するんです(笑)

10年前には、中国新聞短編賞の最終審査にとおったことがあり、
調子に乗ってあれこれ書いて投稿していましたが、
ちっとも採用されなかったので
メゲて投稿をやめてました。

しかし、過去の日記を再読したのと、
講談社のNovel Daysに投稿している
「Ingress――
日常を冒険しよう」というエッセイを再読したのとで、
わたしのやるべきテーマが決まったような気がします。

毛色の変わったエッセイはウケるんですよね。
アクセス数の多かったカクヨム日記や
Novel Daysのエッセイを見ていると、
わたしの日常よりは、
わたしの問題意識や、世の中への疑問点、
不満などがウケてる。

アクセスを取ろうと思ったら、それを中心にするべきなのでしょう。
いつだったかカクヨムで日々の事柄の順位が上がったときは、
まさしく、そんな記事が投稿されていました。

夫は認めないだろうなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。