蘇生中止容認 13消防本部

2019年6月25日の朝日新聞です。2面に亘って記事が書いてあります。
 自宅や高齢者施設で最期を迎える人が増える中、
 心肺停止になった際に家族らが119番通報して
 駆けつけた救急隊に心臓マッサージなどの
 蘇生処置を断るケースが相次いでいる。その際、
 都市部の消防本部の25%が条件付きで蘇生中止を認めていることが、
 朝日新聞の調査でわかった。
 中止容認に向け検討を進める本部もあり、広がりをみせる。だが中止について
 国のルールはなく、救命が使命と考える隊員は、ときに強く葛藤する。

 と書いてありました(第一面です)。心臓マッサージのふりして搬送するって。
 第2面では、国の基準を求める声があると書いてありました
 人間が『死』を選択する時代です。
 生前にどんなに本人が安楽死を求めても、国は認めてないから
 ムリな治療で長生きさせられて、苦しんで死ぬハメになる。
 ERという番組は、わたしは好きではなかったですが、
 やってることは立派だと思ってました。
 思い出すことが色々で、イヤなところもあったけどねえ。

 死というものは、自然なことであるから、毎日覚悟しなくちゃ、
 と偉い人は言いますが、
 死ぬのはこわいです。いやです。きらいです。
 死ぬのがこわいのは、だれもその先になにがあるか、
 見てきた人がいないからです。
 お花畑とか三途の川っていうけど。
 脳が幻覚をみているという科学者もいる。
 聖書では、死後の復活を標榜していますが、
 それも 信じるモノのみという限定商品。
 相性の合わない人といっしょに復活したら
 目も当てられないよねー。
 と思う今日のわたしでした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です