いだてん #22

#22のいだてん、前半は志ん生の自堕落ぶり、
後半は四三の熱血ぶりでした。

才能があるのに、期待されると問題行動を起こしてしまう志ん生。
自分に自信がないからでしょうか、あるいは自己否定的な感覚が強すぎるのかも。
せっかく席亭が用意してくれた着物を質に入れて飲む打つ買うざんまい。
でも真打ちになったらすごいわけです。
自己破滅的ヒーローです。太宰治的なのかも。

その一方で四三くんは、反発していた女子たちのこころをバッチリつかんで
「パパ」と呼ばれるようにまでなり、スヤからは焼き餅をやかれてしまいます。
それだけでなく、足を見せて走った姿を写真に撮られて巷に流出。
女子たちのほんとのパパが、「おてんばにするために学校に入れたわけじゃない!」
とねじ込みに来た上に、四三の退職ねがいのための1万人の署名運動までしちゃう。
靴下を脱いだから日本一になれたんだと四三は熱意を込めていうんですが
まるで通じないんです。
時代を変えるって、たいへんです。

四三が退職するかも、という話が女子たちの間で盛り上がり、
女子たちは教室にバリケードつくって立てこもります。
このあたりがわたしには胸アツでした。
男らしく、女らしくなんて男が作った価値観でしょっ!
って、大正時代らしい強い叫び。
シラけてる現代の女の子たちにも、こういう姿を見習って欲しい。

四三くんが最後に教室に向かってなにごとかを言い出すところで
この話はおしまい。
シマも子どもが出来たし、のちにオリンピックにも出るようになる
人見ちゃんも出てきたし、
いやー、この話はなかなか面白かった。
志ん生、いつになったらしっかりするのやら。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です