国民の皇室観

2019/05/28の中国新聞より。
コメンテーターは立命館アジア太平洋大学長出口(でぐち) 治明(はるあき)。
彼は、令和時代の幕が開けたことに伴い、国民の多くは女系天皇を受けいれてもいいと思ってる、
といっていますが、ネットを見る限りじゃあ、それは違うなぁ。
若い子のなかには、いままで男系だった歴史から、女系だと別王朝になるから敬意を感じない、
という人もいるようですし、うちの合唱サークルにも、同意見の人がいます。
そういう人ばかりだとは思わないけど、この「国民の多く」とはどういう意味で、どんなアンケートとったのだろうとか、
統計的なデータはどうなってるんだろう(統計も取り方によってぜんぜん違う結果が出る)と
いろいろ疑問を感じる今日この頃(基礎データを疑っても仕方ないけどさ)

わたしは女系のどこが悪いのかわからない(だって天皇の血筋だもの)し、
別王朝ってどういう意味なのか

よくわからないです。男の王朝、女の王朝って、あるの? 別王朝って、天皇の血を引かない人のことだと思ってたけど。
だいたい、いままで男系でやってこれたのは、側室のおかげもあるんでしょ。
それが一夫一婦制になってしまって、外戚はみんな天皇一族からふつーの国民になってしまったんじゃありませんか。
GHQのせいでね……(戦争に負けたのが原因なのだが)。
実際問題として、悠仁さまに結婚相手がいなかったり、あるいは女の子しか生まれなかったら、
「万世一系」という神話はどうなるんでしょうか。
神話を信じるのは勝手だけど、原発の安全神話みたいに、「なにごとか」 起こったときに
対処できないのは困るよね。
政府って結局、柔軟さを欠くのかもしれない。(支持層がアレだけに)

このままじゃあ、天皇家はほろびるって危機感を持つ人もいるのに、のんきに「万世一系」 って言っててだいじょうぶ?
憲法によれば、天皇は国民をたばねる象徴なんでしょ。
いなくなったら憲法を改正しなければならない。そのとき勢いづくのは第九条を変えたい連中だろうなぁ。
ぜんぶまとめて、気に入らない条項を変えてしまえってわけよ。
そして国民は、たばねる人間を失ったまま、迷子の羊のように荒野をさまようのであった。
いやな時代になりそうだ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です