いだてん #20、#21

2週続けて参ります。
アントワープオリンピックでは、日本古来の伝統的な水泳が通用しなかったのと、
マラソン金栗が16位という惨敗とで、
体育協議会に衝撃が走りますが、
金栗の妻池部スヤが、「完走したんだから金メダルたい!」
とかばってくれました。
傷心の四三はドイツを放浪しているときに、女子たちのやり投げを見て、
ドイツは必ず復興すると確信。
帰郷するなり、東京で女子スポーツのために身を捧げることを
決意します。

しかし、東京の竹下女学校では、四三のやっていることを
拒否する女学生たちの冷たい視線が四三に突き刺さるのでした……。
というわけで、この2つで印象的だったのは、
どうしても熊本に帰って欲しいスヤさんの駄々っ子みたいなところとか、
女学生たちのやり投げを通して四三と生徒たちの心の交流ができる、
というシーンですかね。
ドイツ人に、つたない英語で会話して、びみょーに食い違うところが
ケッサクでした。
オリンピックに参戦しました、までは通じたけど、
16位だったというところで、『I’m 16』 と言ったら
16歳だと間違われちゃうのよ。大笑い。

女子たちのやり投げのシーン、女の子に『シャンがいない』 だったのが、
「言いたいヤツには言わせておけ」 四三の教育方針は 強い精神を生んだようです。
拒否していた女の子たちが、目覚めてがんばる姿に感動しました。

次回は目覚めすぎた女子たちが大活躍する話、のようです。
志ん生はいったい、どうなってるのかな。いつの間にか結婚してるみたいだけど。
このドラマはダブルキャストなので、志ん生の出番が少ないとさびしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です