令和最初の中国新聞(その1)

5月1日の中国新聞から。ちょっとデータが古い^^;
今上天皇の個人データが色々載っている、有名人ってたいへんだ。
そのなかで、今上天皇のかつての学友・恩師・元護衛官の座談会が
載っていたので、抜粋しつつ評論してみます。

学友の今井さんは、学習院中等科1年で同じクラスに鳴った時からの付き合い。
穏やかで常に落ち着いていて、陛下の周りには自然と人が集まっていた。
雑多な雰囲気の男子校にあって、オアシスみたいな存在だった

と話し始めます。気さくで細やかな配慮があるという人柄の陛下だ、ということです。
先生からは 『殿下』 と呼ぶようにと言われていたという今井さんは、
最初はピンと来なかったようで。
今思い出すと、遠足にも護衛が同行し、行く先々で日の丸の旗を振る人たちがいたので、
年が重なるにつれてその重みを感じるようになった……。

天皇も一般人にまじって遠足することがあったんだーと驚きました。
雲の上の人だから、ひとりで遠足とか散歩とかすると思い込んでおりました。
なんかね、牛車とかに乗って、のーんびり歩き回るとかありそうじゃん? (ないない)
気遣いの人だということも書かれていて、
中東訪問で沙漠の中に立てたテントの中で、陛下と現地の王族が会食する機会があったとき、
風がふぃて砂がごちそうに混じっても、平気で食べていたっていう証言もありました。
やんどころのない人たちは、細かいことは気にしないのです(^^;;
それもあるけど、天皇陛下が外国の王族と仲良く食事をするシーン、というところが、
「あってよかった伝統の王」
 古くて絶えつつあるけれど!

香辛料をたっぷりつかった食事も、平気で食べる陛下。
仕事とは言え、お体にさわらないでしょうか。
天皇になる日まで覚悟してきた、とまっすぐなまなざしで話されていたという陛下。
忙しくなるでしょうが、動物好きでソフトボールの得意な皇后さまといっしょに、
がんばって国のために働いてください。

明日は、令和に期待すること、そして今上天皇の家族の話です。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です