5月末反省記(前編)

令和になりました。文章の勉強をはじめています。書いて書いて書きまくれ、
と言う人もいますが、ヘンテコなものしか書けません。まずは基礎からやってます。
面白くないって言われているのでへこみます(TT)
とりあえず、目標の、月~土曜まで500文字書くことですが、
『なつぞら』のレジュメが著作権法に触れていると言うことで、
できなくなりました。
もっと違うやり方を考えなくてはなりません。困ったな。
日曜日は夫と遊んでばかりいます(笑) 『精霊の守り人』 の研究をしなければと思いつつ……
令和元年のあいだに、星新一賞のための下書きを、10個以上は書きたいですね~。
アイデアがないからダメかもしれんが。

今月はドラマのレジュメをやめました。
ドラマのレジュメが著作権法に触れているとは知らなかったので、
感想だけ書こうかなと思ってるところです。

Novel Days(講談社のラノベ専門サイト)で、アシエラさんという人と仲良くなりました。
このアシエラさんは、『天使と悪魔の聖書漫談』 で、Novel Days 聖書ラノベ新人賞佳作を取っています。
わたしと似た感覚の人ですが、わたしよりも詳しくて尊敬しています。
まじめにクリスチャンしているところが、とくに好感を持てます。(わたしはひねくれてるからな)
この『天使と悪魔の聖書漫談』 には、わたしの本名の由来になった
ルツ記(落ち穂拾いのやつ)もありますし、
『おしの』で芥川龍之介がコキおろした、
「我が神、我が神、なにゆえ我を見捨てたもう」(エリ・エリ・レマ・サバクタニ)
の話も載ってます。
イエスが、ファリサイ人や律法学者たちへの批判ばかりではなく、
神殿で乱暴も働いていた話も、バッチリ書いてあります。
とは言うものの、わたしよりも穏健派かもしれません。

アシエラさんは、マジメな人だから、コメントはマジメにしています(おい)
わたしにはサークル活動をしていたとき、イエスを冒涜されたことで友情にヒビが入った経験があります。
宗教ってやーね、と冷静に思う一方で、
マジメに信じてるのに、と怒る自分もいます。
日本人は不寛容になったと嘆く人がいますが、
幼少のころにファミコンゲームなどの影響を受けていたからかも知れない。
敵と戦ってこれに勝利、スッキリ!
でも、敵の事情を無視して全面否定したら、残るのは沙漠だけだ。

解決できない問題に耐えるってこと、だいじだよ。
妹の事件について、わたしは、耐えている。
父のことで憎しみを覚えていても、
解決できない自分の能力に絶望を感じても。
わたしは、耐えている。

いつか、わたしの体験が、実を結びますように。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です