ゆく時代くる時代 その3

『ゆく時代 くる時代』 のレビューです。全部で6時間ありましたが、
最初の2時間の年表をざっと紹介。
わたしのコメントも付けておきました。
番組をご覧になった方も、そうでない方も、
楽しんでください。

ここでちょっと寄り道。
前述したとおり、バブル当時のスーツは1着20万円するものがあり、ダブルにボタン1個という時代でした。
2万円のネクタイに、1万円の背広。ソフトスーツは『ウォール街』という映画の影響。
しかし平成16年になってくるとスーツも地味で等身大になり、自分の身の丈にあうようなものが。
現在は等身大よりコンパクトでスマートになっている、とのこと。
ものはいいようです(要するに貧弱になったってことでしょ)
平成6年は省エネルックを政府が提唱しますが、不発に終わりました。
平成17年は小泉内閣のクールビズがスタート、エアコンを弱めて国を挙げて節電する、というもの。
ただ、スーツ保守派も健在でした。すぐには定着しなかったのです。
そして運命の平成23年3月11日、東日本大震災。切実な電力不足に、保守派も屈して、
いまやノースーツが当たり前。
家庭でもスーツ保有率が1/9になったそうです。

ということで、とりあえず平成の『ゆく時代くる時代』のパート1はおしまいでした。
またネタがなくなったら、『ゆく時代くる時代』の話をする予定。
歴史っていろんな視点があるけど、NHKなりの視点というものが
年表にも現れていて、わたしは勉強になりました。
いつ、どこで、なにがあったのか、それはどんなものなのか、どうやってそれが行われたのか。
ニュースが自慢のNHKらしく、5W1Hがバッチリ。
お話の基礎がよくわかります。
……応用できるかどうかは、別の問題です><

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です