肉騒動(後編)

親戚からの香典返し。
ギフトセットをネットで頼んでも、来なかったので
香典返しの発売元、高島屋に確認したんですが、
「手元に、カタログの葉書はお持ちでしょうか?」
と言うわけです。
そりゃそうだ。証拠がなけりゃ、ダメだよね。

「年末の大掃除で、処分してしまいました」
穴があったら入りたい。
「じゃあ、お客さまの電話番号と、ご依頼主の電話番号を……」
郵送で、カタログが来たことを伝えると、
「高島屋が、送付していないかも、記録に残ってないかも」

どこを調べても、記録はナシ。
すでに問い合わせて3時間。
肉よ、肉。どこにいったか、肉。だれか和牛を知らないか。
絶望にかられ、夫は自分のサイトから、
ポイントで牛肉切り落とし1㎏を買ってしまいました。

「あーあ。にゃんちゃんは葉書を取っておかないから」
あきれかえって夫が言う。
わたしはこの窓から飛び降りたい。
そのときでした。
玄関から呼び鈴が。

「お届け物です」
見ると、香典返しの包み紙に包まれた、
高島屋の箱が!
「あなた、住所まちがえてたでしょ?
マンション名が合ってたから、なんとかわかったけど」
ヤマト運輸の人に叱られつつ、
開けてビックリ玉手箱。

「牛肉だ~!」
良かった良かった!
見事、肉はゲットできたのでした。
高島屋のコールセンターの人が、
我がことのように喜んでくださいまして、
何度も、何度も、涙声で、
「よかった、よかった」
と言ってくださったのには、感動しました。

教訓
葉書は取っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です