6月から今月に至るまで(2)

6月から、週間実績反省表というものを作って、それに日々クリアした目標や
宿題などを書いていました。
パート2の今日は、書き写し作業についてです。

ともかく、詩を勉強したいと思いましてね。
長田弘とか、井上靖とか、石垣りんとか、いろんな作家の詩を読んでいました。
書き写しもやってましたが、身についたとは思えず。
結局、うわっつらだけやって、満足していると言う状況です。

書き写しは、随筆にも及びます。
FBでは、自我の垂れ流しだと言われていたので、
描写に着目して、いろんな作家のを拝読しました。
6から8月時点では、須賀敦子と島崎藤村のふたりに注目。
島崎藤村が、枕草子の影響を受けていると言うことに気づいて
ひとり、悦に入るという具合。

あとは、気になる部分だけを、書き写している作家が
C.S.ルイスです。
『ナルニア国物語』の翻訳は、訳者によって微妙な文章の違いがあります。
岩波のナルニア(ライオンと魔女)では、少々まどろっこしい表現や、
読者に読み取りを期待している表現もあります。
おおげさで滑稽な表現もあります。
光文社のナルニア(ライオンと魔女)では、きびきびした表現、
親切丁寧な描写(人によっては余計なお世話)、
原意に忠実なために、ユーモアが減退しているところもあります。

原語も持ってましたが、売り飛ばしたので手元にありません(笑)
できれば角川文庫の『ナルニア国物語』シリーズも
そろえたいんですが、「2つあればじゅうぶんです」と夫はとりあいません。
訳って、面白いんだけどなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です