6月から今月に至るまで(1)

とくに書くこともないので、インパクトのない日記を今日も書くわたしです。
6月から、週間実績反省表というものを作って、それに日々クリアした目標や
宿題などを書いていました。
ノートに貼り付けて半年。そろそろ溜まってきましたし、
この表をネタにした話を書いてもいいかな、と。

この表には、6月からはじめた『ナレーション訓練』の話が載っています。
「予定:ナレーション訓練。実績:今日はお休みした。反省:明日こそやろう!」
日テレの女子アナが、ナレーション訓練の本を出しておりまして、
電子書籍でそれをゲットして、訓練を始めました。
動画も見つけて、録音して、準備は万全。
しかし、書籍に載っている早口言葉を見てげんなり。
「庭には二羽にわとりがいます」
とか
「この釘は引き抜きにくい」
とかいった言葉を、
1日1分でいいから、毎日しゃべりなさい、とのこと。

独り言でも、こんな馬鹿げたセリフはしゃべりたくないよっ!
毎日、口の運動もしなさいと
挿絵までついているのですが、
まったくもって、恥ずかしい……。

三日で飽きてやめてしまいました(こら)。
でもね、最近ZOOMで自作の創作を読み上げる機会があったんですが
「わかりにくい!」
という声がありましてね。
滑舌が悪いからだと痛感しました。
しょっちゅう家族からも、
「いま何て言ったの?」
と聞き返されてしまう。
相手の耳が悪いせいかもしれないが
滑舌のせいかもしれない……。

ふだんから自作の朗読もしなさい、と
無料講座のFBの先生、斎藤三郎さんは言っています。
書き写しするだけでなく、
朗読という手間をかけることで
身につくこともあるそうで。

ナレーション、もう一度訓練した方がいいかも。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です