ディズニー三昧(ライオンキング)

前回に引き続き、11月5日までに見たディズニー映画のレビューです。
『ライオンキング』は、劇団四季がミュージカルをやっているということで、
非常に楽しみにしていました。
見たことがないと思ってたら、「あれ、知ってるぞ、この話」
どうやら、忘却していたらしい。

再見して、最初に見たのは、CG版でした。
不気味の谷でしたねー。最初はかわいいと思ってたけど、だんだん暗くなるし。
30分も見ていたら、夫が、「アニメの方がいいから、そっち見ろ」
切り替えて、100円はらって同じものをアニメ版、見ましたよ。
ストーリーも歌も、すっかり同じなんですが
迫力が、違う。
すごいぞ。さすがディズニー。

ストーリーは、王座を狙う叔父によって、ふるさとを追われた王子シンバが、父の仇である叔父を倒す話。
よくある復讐ものですが、この話は「ズートピア」と違って、明晰なストーリー展開。
雑味のない演出が光りました。
生命の輪、というところが、ヒンズー教臭いかもしれないし
そもそも、ストーリーの背景が、ちょっと聖書的でもある。
雲が出てきて父親が助言を与えるあたりは
映画『スーパーマン』のパクリかなとも。

このライオンキング、手塚治虫の『ジャングル大帝』の影響をモロうけているという話がありました。
手塚治虫は、修業時代、ディズニーを攻略するために、『バンビ』を百回以上は見たらしいです。
お互い、影響し合ってるんですね。
そういえば、宮崎駿は、TRPG『スペオペヒーローズ』のストーリーをパクったとしか思えないけど
どうなんだろうか。

ともあれ、ライオンキングは、アニメがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です