10月07日の『ごぜん様さま』

10月07日の『ごぜん様さま』は、テーマが【中古品ブルース】ということで、
中古にまつわる話をしていました。
その途中で、雑談として、映画とVHSのビデオの話になりましてね。
横山アナウンサーは、VHSのビデオが出始めた最初の頃のことを
語り始めます。

「そのころは、映画と同時販売ということで、2万ぐらいでVHSの映画のビデオが売られてたの。
同級生が千円ずつ出し合えば、17人ぐらいで買えるし、なんども見れるからみんなで買ったんだけど、
その直後、喫茶店や飲み屋などで、そのビデオがバンバン無料放送されるようになって
映画に行く人がいなくなっちゃった。
だから、映画は勝手に放送しちゃいけないことになったんだよね。
昔はおおらかというか、法的なものってあまり意識してなかったな……」

昔といっても、70年代の頃だろうから、わずか50年ぐらい? 前かな。
その頃のことを、友だちと話したことがありますが、
「昔は栄養学という考え方がなくてねえ、
食べ合わせとかは非科学的って笑われてたんだよー」
という証言も得ることが出来ました。

こういう話を時間SFとして書いていきたいんだが
アイデアはあってもストーリーが……。
キャラクターもあまり魅力的じゃないしね。
だれか書く人いないかなー。買うんだが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です