文章を勉強しています

何度も読みたいSFミステリを書きたい!!!!
というわけで、いま、根本的に時間SFミステリの勉強をしています。
児童文学協会新人賞を取った、
『星に帰った少女』という作品がありまして、
その作品を借りてざっと読んだのです。

これはさほど印象に残る話ではありません><
フィリッパの『トムは真夜中の庭で』のほうが
ずっとインパクトがあります。
ただ、戦争直後の話がモチーフになっていて、
それに両親の離婚や、親子の絆などがからんで、
独自の世界を醸し出しています。

時間旅行モノは、矛盾などが色々出てきてたいへんなのですが、
母親と娘というモチーフが新しくて、
わたしはそれなりに、面白かった。
これに読者を引き込む力があればもっとよかったのだが。

とりあえず、新しい作品は、6,000文字程度の話を目標にしています。
投稿が目的ですが、なかなか上手に書けません。
何度も同じ失敗をしてしまうので
成長が遅い自分に焦れてしまいます。

まずはロジックを勉強しなくちゃ……。
「あんたの文章はロジックがむちゃくちゃだ、
天然に違いない」
と言われてしまったので、少々ショックです。
どうやったら論理的に書けるのかなぁ。
文章は、感覚と感性と発想だという話もあるから
そんなに気にしなくてもいいんだろうけど
デタラメ書いてもしょうがないんだよ。

暗中模索が続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です