新聞ネタ:新型コロナ ワクチンは?

20年9月30日 中国新聞セレクト(概要引用開始)
 ワクチン開発 副作用の高い壁 新型コロナ
 政府は新型コロナのワクチンの接種に備えた中間とりまとめを策定した。ワクチンの開発は国内外で急ピッチで進むが、先行する英アストラゼネカの臨床試験では副作用が疑われる症例が出て一時中断。ワクチンの開発過程や普及には、副作用への対処という大きな課題が立ちはだかる。

 副作用の例(概要)1)接種後に抗体はできているが、発症や重症化の予防効果や免疫の持続期間は不明
  2)重篤ではないが全身の倦怠感や不快感、筋肉痛といった 有害事象が高頻度で出現
    3)子供や妊婦、高齢者のデータは少なく不明な点が多い

(概要引用終わり)

不謹慎な話ですが、実験台に発展途上国を使おうという案もあるそうです。
弱者をたたき台にして、実績が確認できたら、先進国がおもむろにワクチンを使う。
この構図は、なにかに似てませんか。

そう、原爆投下直後の広島・長崎に対するGHQの対応ですな。
放射能によるやけどの治療よりも研究の方が先だったらしいからなー。
敗者はやられっぱなし。
占領されていたから、批判もできんかった。
人道的に、どうなんでしょうか。

しかし一方で、ワクチンの早期開発が叫ばれているのも事実です。
それなら、先進国が見本を示せばいいじゃん。
日本もワクチンを開発して、はやめに体力のありそうな若者から、接種していく。
いやがるだろうけどなー。なんならわたしが実験台になってもいいけど。
(新型コロナにはなってないけどさ!)

疫病が流行りまくってるのに、国同士は分断されたまま。
団結するなら、いましかないと思うのだが、なぜに利益を考えるんだろう。
先進国ってキリスト教圏なのかなほんとに。偽善者と批判されたパリサイ人が泣いて喜ぶぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です