新聞ネタ:トランプさん疑惑

 20年09月29日 中国新聞
(引用開始)
 トランプ氏 不明瞭な金の流れも
 事業損失により税を免れる「錬金術」(NYタイムズ)に加え、大統領補佐官を務める長女 イバンカ氏の会社が連邦所得税回避に関与し、巨額のコンサルタント料を受け取っていた疑いが浮上。「不動産王」を自称し、誇っていた経営手腕にも疑問符がつく。
(引用終わり)

というわけで、今回は、トランプさん疑惑についてです。さほど興味のある話でもないけれど、いま話題の人なので。
NYタイムズに、さんざん叩かれているトランプさん、非常に打たれ強い人のようですが、
1980年代末期に、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』で、悪役ビフのモデルになったらしい。
ビフの外見も、やり方も、トランプさんそっくり。
アメリカ大統領には相応しくないって、あれほど言われてたのに、
マイナス・キャンペーンがかえって良かったらしい。
でも今回のことで、トランプさんはずいぶん、窮地に立たされているようです。

あんな大金持ちなのに、それでも節税したいわけですか。
自分のためのカネは、使い放題。
公共のためのカネは、払うのをしぶる。
そのくせ、公共の施設などを使い倒してる。
この人の面の皮、めっちゃ厚いね。

税金が、政治家の私物となってるのは、どこの国でもおなじだという人もいる。
歴史上、王さまや藩主というのは、税金や年貢で暮らしていたし、
いまだってサクラを見る会が公費でまかなわれた、問題だ。
それでどうなったか。
うやむやのまま。

どうやら、権力を持ったら、好きなだけ税金が使える身分になれるらしい。
批判や非難などは、一時的なものだから、頭を低くしてりゃやり過ごせるもんね。
こんなことだから、政治不信になり、脱税する人も出てくるんだよ。
べつにトランプさんをかばうわけじゃないが、前例がありすぎる。
自分の立ち居振る舞いも、考えなさいよ、政治家の諸君。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です