彼岸の串団子

こんな散文詩、作ってみました。

彼岸の串団子 2020/09/22
 彼岸になった。
 スーパーを覗くと、なぜか餡子の串団子が売られている。
 三つで税別、88円。
 欲しい。
 太る。
 体内で、せめぎあう天使と悪魔の声。
 わたしはしずかに団子に近づく。
 団子はこしあんと粒あんがある。
 わたしは粒あんが好きだ。
 団子は三つ並んで誘惑している。
 ま、負けたくない。
 手が伸びる。
 手をおさえる。
 クルリと背を向ける。
 脱兎のごとく、駆け出す。
 客にぶつかってコケた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です