鍼治療院でのボランティア

2020/09/16、鍼をしてもらいに鍼灸院に行ったのです。
そこは、集合住宅地。
灰色のコンクリート棟ばかりで迷いました。
先生に電話して、もよりのバス停まで迎えに来てもらったのでした。

その鍼灸院は、玄関からすぐ左が治療室で、ベッドが一台、置かれています。
そこで鍼をしてもらうのです。
そのあとでボランティアでパソコンを教えることになりました。

わたしも知らないことが多いので、教えられることは少ないです。
パソコンを持ってきた先生に、ワードの印刷プレビューと原稿の表示が違う、という相談を聞いていました。
そういう場合は、裏技として、レイアウトを変更するといいよ、と教えました。
表示が違うことについて、現状再現ができなかったので、フォローが出来なかったのが残念でした。

「身近なところに、パソコンがわかる人がいると思うと安心!」
鍼の先生は喜んでいますが、
わたしはそんなに沢山、ワードのことを知ってるわけじゃない。
近所でボランティアしてた時は、知らないことを一杯きかれて嫌になって
やめた経緯がありました。
あまりムリせず、ぼちぼち、やっていきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です