ライフ・オン・マーズ#01

友人に勧められて、洋ドラ『ライフ・オン・マーズ』#01を見ましたが、
なんとこれは昔見たことのあるものでした……!
ストーリーは、2006年に生きる
イギリス・マンチェスターの優秀な刑事(デカ)、サム・タイラーが
犯人を追いかけているうちに交通事故に遭い、
33年前の1973年にタイムスリップ。
これは幻覚か、あるいは夢かと戸惑いながら、サムは、いったん仕事場へもどりますが、
仕事の指示を出すと、それは未来の情報に基づいた指示で、過去では実現できないのでした。

苦労をしながらサムが犯人を追い詰めたのはいいけれど、
話はそこで終らないのです。
73年の荒っぽい捜査方法を紹介しながら、
サムと犯人、そしてサムの上司ハント、サムを心配する婦人警官アニーの
こんぐらがったドラマが楽しいお話です。

それはいいんだけど、精神疾患のある犯人を、治療できないから終身刑って……。
どうなんでしょうか、と思いますね。
唐突に思えるでしょうが、わたしは長年の疑問だった、
「治療」とはなんなのか、という根源的な問いかけを、してみたい。
その犯人は、芸術的センスはないかもしれないが
ゴッホの例もある。
生理的な狂気を治療することで、芸術的狂気を喪う可能性もないわけじゃない。
両者の間の関係は、ほとんどないと言われているけれど、
狂気の定義が、わたしにはわからない。

「正気」(=生理的狂気のない人)という定義って、なんだろう。「正気」と「狂気」の間には、なにがあるのだろう。
世間の常識に問いかけてみたい。
人間という存在それ自体が、すでにイカれてるという人もいるのだから。

批判はだれでもできる。
わたしも、はやくいい作品、つくりたい。
異端と言われようと、わたしはわたしの道を行く。
ライフ・オン・マーズを見ながら、そんなことを思っておりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です