足立美術館へ行きました

2020/09/15、足立美術館へ行ってきました。
開館50周年ということで、横山大観の展覧会がありました。
目的は、日本庭園なのですが、大観の絵は圧倒的でした。
鼬(いたち)もあれば、山羊もある。ライオンもある。たくさんの富士山の絵、たくさんの真紅の日輪の絵。
わたし「西村京太郎の推理小説で、足立美術館の横山大観が描く鼬の絵がモチーフになった話があったって
     おかーさん、言ってたよね」
義母「そう? もう忘れた」
わたし「こら」

横山大観の言葉が展示されていました。記憶モードで印象的な言葉を書きますと、
『眼に頼るのは技術的なこと。それより心に頼れ』
『気魄(きはく)がなければ、絵は職人芸術になる』

セミの声が、かすかに聞こえる庭園を、喫茶店のなかから眺めます。
夫「今年は夏が短かったね」
義母「梅雨が長かったけーね。ところでこの庭園は、たっぷり葉のついた松の木と、スカスカの葉の松があるのね」
夫「庭園を絵画的に魅せる演出だろう。ほら、庭には小さい松が10個以上点在してるだろ。ああいう小さいのを作っている専用の場所があるんだよ」

まったりと、時が流れていきます。蝶や鳩がときどきやってきています。
夫「この足立美術館は、庭師を養成しているんだよ。大がかりな手入れの時は、外からも応援があるんだ。
  マネージャーは大変だろうな、尊敬しちゃう」
義母「(床の絨毯の模様を見て)この喫茶店の床の絨毯も、綺麗ね」
床の模様がアラビアの絵画みたいでした。赤い地に白いアラベスク風の模様。日本庭園とマッチしているのだろーか。

足立美術館の庭園は、日が照ると
そこだけ、照明があたったみたいに輝きます。
テレビ局のビデオカメラを持った人と、庭師が奥のほうにいます。

夫「ここのコーヒーは、専属のお店から買ってるんだけど
  その店は、ほかの豆はネット販売してるのに、ここの豆だけは
  ここに来ないと、売ってくれないんだよね」

お土産を買って帰りました。
今度は秋の紅葉を見たいということで、
HP、要チェックです。
……いつも忘れるんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です