識字率の高さと投票率

 義務教育を受けた日本人のほぼ全員が
 母国語の読み書きができるように
 教育を受けてきた。

 日本の識字率の高さは、投票権とも関係がある。
 日本では投票用紙に候補者の名前を書いて投票するのだが、
海外の選挙は記述式ではなく、マークシート式を採用し、候補者の名前にあるチェックボックスにチェックを入れて
それを機械に読み込ませて票数の集計をすると聞く。
一方で日本の場合は、紙に名前を書いて投票する。

深夜まで集計している日本の非効率さ、人件費の高さなどを考えると、海外の方が理にかなっているようだが、
逆に言えばそれだけ高い学歴があることを前提と出来る自信が、この国にはあるのである。
貧しさやいじめなどで学校へ行けなくなる人間が出てきているようだが、
法のもとの平等という観点から見ると、あまりいい状態ではない。
学校だけが学ぶ場所、学歴を取れるのは学校だから、こういうことがおきる。
なんとかしなければと思うが、わたしにはアイデアがない。
……発想はファンタジー系ですのでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です