お月さまの災難

作ってみました。ワンアイデアでだらだらしてるという評価。さて、みなさんはどう考えますか?

   お月さまの災難

 夏の大きな夕日が、しぶしぶ落ちていきました。いよいよ満月の出番です。一番星が見え始めるこの小さな町の小高い丘で、ぼくはサイダー瓶の王冠を栓抜きであけて、中身を飲もうとしました。
「ちょっと待って!」
 小さな、小さな声が、すぐ近くでささやきました。ぼくは手にサイダーの瓶を持ったまま、ふきげんに言いました。
「なんだよ、用があるなら早く言ってよ」
「待ってください! 私はお月さまです。私を引っぱり出してから、飲んでください!」
 小さな声は、瓶の中からするのでした。ぼくが瓶を横からのぞき込むと、なぜか瓶がぼうっと光っていました。しかもそのなかにビー玉ぐらいの大きさの、まんまるお月さまが浸っているのです。
「どうしたんだい、なんでお月さまがそんなところにいるの?!」
 びっくりぎょうてんして、ぼくが大声で聞くと、お月さまは、
「仕事まえに、うっかりサイダー工場をのぞき込んだら、そこの工場長につかまって、この瓶にぎゅうぎゅう詰め込まれてしまいました」
 と言うではありませんか。
 お月さまは、サイダーの泡で、すっかり顔がぐじょぐじょになっていました。
 ぼくは、瓶の口をひっくり返して、お月さまを出してやろうとしました。ところが、瓶の口は、そこだけ小さくなっていて、お月さまは出てくることができないのです。
「満月だから、ダメなんだよ」
 ぼくは、とうとう、言いました。
「新月になったら、身体が細くなって、出てこられると思うよ」
 お月さまは、しくしく泣いてしまいました。
「私の仕事ができません」
「それは、困ったね」
 ぼくは大弱りで、周りを見まわしました。丘の上には、草原が広がっているばかりです。
「それじゃあ、サイダー工場の工場長さんにお願いしよう」
 ぼくがいうと、お月さまはおびえて言いました。
「工場長さんは、怖い人ですよ。あなたもきっと、サイダー瓶の中にぎゅうぎゅう詰め込まれてしまいます」
「やってみなけりゃわからない」
 ぼくは、瓶を持って丘を下り、町外れの工場へと向いました。
 サイダー工場は、もう仕事が終っていました。「ここが工場長の家ですよ」お月さまの言葉を聞いて、すぐ隣の家をノックしました。ぼくが工場長に会いたい、と迎え出た奥さんにいうと、リビングの向こうから、ヒゲだらけの小太りのおじさんが出てきました。そしてサイダーの瓶とぼくをひとめ見るなり、がっはっは、と笑いだしました。
「空に月がないと困るな、たしかに、たしかに!」
 おじさんは、そう言うと、瓶をうけとり、それに向ってなにやらむにゃむにゃ、呪文をとなえました。すると、どういうわけかサイダーの口が大きく開きました。おじさんは、ぐいっと右手を突っ込んで、お月さまをつかみ取り、むんずと引っぱりだしてしまいました。
「これからは、あんまりオレの仕事場に来るんじゃないよ」
 おじさんはそう言うと、月はあわてて空に帰りました。おじさんは、ぼくに新しいサイダーをくれました。
「おじさん、その呪文を教えてください」
ぼくは、おじさんにお願いしました。
「長い修行が必要だぞ」
おじさんは、ニッと笑いました。
放課後になると、おじさんの家に行って呪文を勉強したぼくは、のちに立派な手品師になりました。そのときにはいつも、お月さまが空から消えてしまっていたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です