『日本人が、コンピュータを作った!』

さて、わたしの過去記事の修正です。
今年の8月4日にわたしは、パソコンを外国のものだといいました。
それは、半分は当たっていて、半分は間違いでした。
たしかに、最初のコンピュータ、ENIAC(えにあっく)は、外国のもの。
大砲の砲弾軌道計算のために使われていたのです。公の資金を投入して。
しかし、それを見た一人の日本人が、ほとんど独力で、コツコツと、
コンピュータ(FUJIC)を作った、としている本を借りました。
それが、アスキー新書の
「日本人がコンピュータを作った!」(遠藤論)です。

わたしにとって意外だったのは、
それだけではありません。
この本で、80年代から家電商品――
炊飯器や洗濯機、電子レンジなど――にコンピューターがセッティングされ、
飛ぶように売れたと書いてありました。
そう言えば、マイコンジャーとか流行ったよなー。
いまでは、コンピューターといえばパソコンやスマホなどで、
「わからーん」
と言う人がおおいけどさ。
考えてみると、放置しても家事ができる装置は、
徐々にできつつあったんだよ。

ほかにも、いろんなことが書いてありましたね。
わたしがいちいち、コンピューター裏話を書かなくても、
この『日本人がコンピュータを作った!』 を読めば、
日本におけるコンピューター裏話は、だいたいわかるんじゃなかろうか。
とは言えこの本、ハードウエア(機械)的な問題で、
ソフトウエア(使い勝手など)的な問題は、少ししか書いてない気がするんだけど。

もう少し調べて、本にできるような新しいなにかを付け加えることができたなら、
『骨太小説』めがけてコンピューター裏話を書いてもいいけど、
まえの話を蒸す返してもねと思う、
今日のわたしでした。

日記はお盆のため、明日から16日までお休みさせていただきます。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です