テルマエ・ロマエ パート1

AMAZONプライムで義母と一緒に完見!
「テルマエ・ロマエ」シリーズ第一弾。
ストーリーは、以下の通り。

ストーリー
古代ローマ時代。大衆浴場テルマエづくりの職人ルシウスは、新しいテルマエのアイデアに悩んでいた折り、現代日本にタイムスリップ。
その文化に感動してマネをしたものを、古代ローマに持ち帰って名声を博す。
ところが彼は、親友に妻を寝取られてしまった。
傷心の彼のもとへ、皇帝ハドリアヌスから、新しいテルマエを作って欲しい、という依頼が来る……

感想
顔の濃い阿部寛が、古代ローマ人を好演。ラテン語もペラペラしゃべっちゃって、なりきってます。
日本人に対して「平たい顔族」、と侮っていたルシウスが、
進んだ日本の技術にうちのめされるのが、
コミカルで傑作。
ハドリアヌス帝を演じているあの人は、
テレビドラマ『マグマ大使』で悪役ゴアを
演じていたあの方では、と思うわけです。
この人も、いつ見ても、濃い人だ。

話自体は、日本人の劣等感をみごとに逆手に取り、文明批評的な話もあって、そこはかとなくアカデミック。しかし全体的に明るいタッチです。

いつも浴場の水から飛び出すルシウス。
「美しい肉体だ」
と思ったのは、ナイショです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です