テレワーク経験者、34%

中国新聞6月22日の記事です。
テレワーク経験者が34%になり、
そのうちの64%が
仕事と生活のバランスの意識が、
「生活を重視するように変化」した、そうです。

テレワークの課題としては、複数回答で、
「社内の打ち合わせや意志決定の仕方」
が最多の44・2%。

三大都市圏の移住者で、地方への関心が
「高くなった」「やや高くなった」
という回答は、若者が多かったらしい。

夫も1日おきに
テレワークをしているわけですが、
30年前から、仕事より生活がだいじ。
土日の時は、まず家族に、
「どこへ外食に行く?」
と聞くのは夫。

Ingressでバイクをぶっとばしてくれるのも
夫の役割です。
仕事が好きな日本人というカテゴリーには
入らない、家庭的な人です。

ラノベも将来、
異世界に行き、自分の仕事スキルで
成功する、というよりは
生活中心の話が出てくるかもしれない。
悪役令嬢より
ふつーの主婦が、脚光を浴びたりしてね。

いずれにせよ、
コロナは日本人の考え方を変えてしまってます。
和の精神が貴い、という
一般的常識も、
いずれはなくなるかもしれません。
実際、「マスク警察」とか
ネット中傷とか
いろいろあるし、ねえ。

ふつうでいるより
人生を楽しもう、ということが
叫ばれるようになってきた現代ですが
ふつうがなくなったら
人間、なにを基準にして動けばいいのか
迷っちゃう気もする
今日のわたしでありました。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です