炎上事件

人権を蹂躙する書き込みに対して
発言元まで遡って
罰しましょう、という
意見があるようですが。

わたしの知り合いに、
書き込みがもとで
拒食症になってしまい、
恋人がキレてその発言者に迫った結果
恋人が逆にそのサイトを追放される、という
事件があったんです。

もう、30年前かな。

わたしはどうすることもできなかったのです。
復讐なんてやめとけ、
と止めたんだけど
聞いてくれなかった。
厳罰を処したら
その問題のひとが発言しなくなる、とは
わたしには思えなかった。

よく読んだらイヤミになる発言とか、
もっと狡猾な方法で
人を追い込むことだってできるんだしねえ。

厳罰するより
なぜ、悪いのかを
説いて聞かせる人はいないのかね。
みんなが無関心で
関わりを持たないことが是とされて。

道徳の時間、
やっぱり必要なのかな。
「自分にとっていやなことは他人にもしない」
キリスト教には、ちゃんとそういう
考え方があるんだが、

学校(とくに小学校)で
道徳を教えるのは
危険だから、
子どもをしつける前に、親をしつけにゃならん。
……わたしにはそれだけの迫力は、
ありません。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です