媒体の変化

ラジオで言ってたんですが
50年代から見ると
映像媒体を見られる機器が
どんどん、変わってきてる。

写真機は、だれでも撮れるようになり
ポラロイド、プリクラなどと変化して
スマホにまで搭載するために
アナログからデジタルへ。
昔ケータイに入れた写真が
見えません、と女子アナが悩ましげ。

テレビを録画するビデオも
ベータやVHS、
DVD、ブルーレイ。
レコードはカセットテープから
CD、インターネット。

映画もデジタルになり、
昔見られた映像が見れない。
しかし映画は、フィルムさえあれば
光を当てれば、見れる。

フィルムを入れる円筒形のケースを
小銭入れにしていた人もいる。
現像に使う青酸カリが手に入りやすいことから
殺人事件のトリックに使う作家もいた。

時代は変わってしまった。
この先も、また技術革新で撮っていた動画が
見られなくなるんだろう。
残していた自分の過去が
他人に蹂躙される過去になるんだね。

ひとの都合で過去が抹消されるのって、やだ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です