いだてん #16

平成最後のいだてん#16は、「出て行け」という言葉が印象的。
戦争と政治には、モスクワオリンピックを連想させる話でした。

毎日練習に励む四三を知り、スヤに、「東京まで行ってこい」と送り出す池部の姑さん。
播磨屋(ピエール瀧じゃない!)の二階に住む四三に会えたスヤは、
いきなり彼から、「出て行ってくれ」 と言われて引きつってました。
いい嫁さんなのに、そりゃないぜ、四三。
甘えは、堕落の入口……。言い過ぎですよ。自分に厳しすぎる。
新婚さんなんでしょ、やりたいことはほかにもあるでしょ。
やっぱり、四三はマラソン馬鹿です。
スヤはそれでも、そんな彼を大きく包み込むのでした。
最近の子のなかにも、こういう女性がいるといいけど。

その頃からはじまった欧州戦争。
オリンピックは開催する、という連絡と、五輪のマーク。
「アジアが入っているのは四三たちの活躍があったからだ」
嘉納先生の言葉に、誇らしくなる四三。
そんなことを言うから、ますます走ることしか考えなくなるんだよ……
嘉納先生、罪作り。(結婚のこと、知らないんだったっけ)

無銭飲食で警察に捕まった朝太こと美濃部くん。
牢名主にバナナをもらい、彼を落語で笑わせることになるのですが!
「ふつーにしてるほうが面白い」
なにげに傷つけることば。たしかに流暢で、長いストーリーはしっかりしてるから
感心するけどってね。
自分はダサいことはしたくないと突っぱねる美濃部くんに、面白いかどうかは観客が決める、
つまりこのオレだ、と牢名主。
ひとつ、大きな経験をした美濃部くんは、
髪を切ってやり直すことにするのでした。
疑問がひとつ。ハサミを牢に差し入れるって、あり得るのかしら。(凶器になるでしょうに)
ともあれ、解放された美濃部くんは、髪の毛を切り、こころを入れ替えて
落語の初歩からやり直しです。

政治とスポーツは関係ないと主張する嘉納先生の絶叫もむなしく、
オリンピックは中止になりました。
第一次世界大戦です。
第二次世界大戦はこのあと。
そして、日本が敗戦し、冷戦時代にはソ連のアフガニスタン侵攻に
抗議してアメリカとともにモスクワオリンピックをボイコット。
政治とスポーツは関係ないなんて、やっぱり理想なのでした。
選手たちの夢を奪うのは、いつも国の事情。
平和がいちばん大事です。

 

 

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です