テレワーク経験者、34%

中国新聞6月22日の記事です。
テレワーク経験者が34%になり、
そのうちの64%が
仕事と生活のバランスの意識が、
「生活を重視するように変化」した、そうです。

テレワークの課題としては、複数回答で、
「社内の打ち合わせや意志決定の仕方」
が最多の44・2%。

三大都市圏の移住者で、地方への関心が
「高くなった」「やや高くなった」
という回答は、若者が多かったらしい。

夫も1日おきに
テレワークをしているわけですが、
30年前から、仕事より生活がだいじ。
土日の時は、まず家族に、
「どこへ外食に行く?」
と聞くのは夫。

Ingressでバイクをぶっとばしてくれるのも
夫の役割です。
仕事が好きな日本人というカテゴリーには
入らない、家庭的な人です。

ラノベも将来、
異世界に行き、自分の仕事スキルで
成功する、というよりは
生活中心の話が出てくるかもしれない。
悪役令嬢より
ふつーの主婦が、脚光を浴びたりしてね。

いずれにせよ、
コロナは日本人の考え方を変えてしまってます。
和の精神が貴い、という
一般的常識も、
いずれはなくなるかもしれません。
実際、「マスク警察」とか
ネット中傷とか
いろいろあるし、ねえ。

ふつうでいるより
人生を楽しもう、ということが
叫ばれるようになってきた現代ですが
ふつうがなくなったら
人間、なにを基準にして動けばいいのか
迷っちゃう気もする
今日のわたしでありました。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

炎上事件

人権を蹂躙する書き込みに対して
発言元まで遡って
罰しましょう、という
意見があるようですが。

わたしの知り合いに、
書き込みがもとで
拒食症になってしまい、
恋人がキレてその発言者に迫った結果
恋人が逆にそのサイトを追放される、という
事件があったんです。

もう、30年前かな。

わたしはどうすることもできなかったのです。
復讐なんてやめとけ、
と止めたんだけど
聞いてくれなかった。
厳罰を処したら
その問題のひとが発言しなくなる、とは
わたしには思えなかった。

よく読んだらイヤミになる発言とか、
もっと狡猾な方法で
人を追い込むことだってできるんだしねえ。

厳罰するより
なぜ、悪いのかを
説いて聞かせる人はいないのかね。
みんなが無関心で
関わりを持たないことが是とされて。

道徳の時間、
やっぱり必要なのかな。
「自分にとっていやなことは他人にもしない」
キリスト教には、ちゃんとそういう
考え方があるんだが、

学校(とくに小学校)で
道徳を教えるのは
危険だから、
子どもをしつける前に、親をしつけにゃならん。
……わたしにはそれだけの迫力は、
ありません。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

武田せんせって面白い

武田教授が明かす、金儲けのための「プラスチック汚染」という嘘
https://i.mag2.jp/r?aid=a5eff11d272c83

というわけで、今回も、武田先生のコメントを
紹介しています。

この人が、「にせ科学者だ」とする
ネット情報を、
ネ友からいただきました。
http://taste.sakura.ne.jp/static/farm/science/kunihiko_takeda.html

おなじことをする、
某ニセ聖書学者がいましたっけ(笑)
非常におもしろく、拝読しました。

まぐまぐ! は、ウケるなら
なんでも載せる媒体なのだなあ、
と思いました。
以前にも、タモリの言った
「核兵器を落としたのは
アメリカの愛だ」
という言葉を、
「深い!」
と紹介したことがありましてねえ。

まぐまぐ! とは、無神経で馬鹿げたことを言う
媒体だという認識を抱いていましたが、
意見は拝読していました。
しかし、その興味深い意見にも、
こういう反論があるのは知らなかった。
意見を言うって、難しいですね。

発言するのは自由だけどさ、
教授という地位の人間が
世迷い言を言ってくると
わたしみたいに迷っちゃう人もいるんだからさ~
まあ、確認しないで書いたわたしも悪いが(笑)

いろんな意見がある。
確認してUPするくせを、つけにゃならんと
なんど目かになる自戒を
改めてするわたしでありました。

いま、『論理エンジン』という
小学四年生むけの冊子を
勉強しています。
ひとつの意見について、批判的・
論理的に考えられるようになりたいです。

 

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

レジ袋は金儲けになる

武田教授が暴露する「レジ袋」追放運動という名の金儲けトリック
https://i.mag2.jp/r?aid=a5eeb5bc6ae768

という、まぐまぐ! の記事を拾ってきました。

レジ袋が有料なのは、業界の陰謀だというのが
この武田さんの論説です。

これで思い出したのが、
ゴミになっても土に還る、という
椰子の実由来のレジ袋。
たしか、東南アジア諸国が
一生懸命、作っていたと記憶しています。

椰子の実由来のレジ袋。
そんなに環境が心配なら
採用しても良かったのに
「お金を払え」
となったので、
東南アジア諸国は、
必要量、レジ袋を作れなかったんだろうか、
と思っていたのですよ、わたしは。
そしたら、業界の陰謀説が
いきなり浮上。
ありがちとは思った。

今後、椰子の実由来のレジ袋の
出番って、なくなるのかな。
5円とか10円とか業界に払うより
貧しさからの脱却のほうが
平和への小さな一歩だと思うんだけどね。

貧しいから戦争が起きる。
教育を受けられなかったり、
物資が不足したり、
それでも、努力してるのに。
業界が、カネにならない椰子の実由来の
レジ袋は、もしや無視? と思えてならない。
アメリカは、レジ袋に
「この中身はエロビデオです」
と書いているものもあるそうです。

そういえば、スーパーでよくみかける
魚や肉のトレイ。
本気で環境破壊が気になるなら
発泡スチロールトレイにもお金を払えって
いうことに、なるかもしれないねえ。
業界が反発するのは、
目に見えてるんだけど。

武田さんの言うのって、
一理あるような気がしてきた……
まあ、わたしがここで
ごちゃごちゃ言っても、
蟷螂の斧なんだけどね。
インフルエンサーでもないし
アルファブロガーでもないし
ベストセラー作家でもない。

ノーベル賞の人が
「子宮頸がん」のワクチンについて
コメントしたとき
マスコミは、無視した。
マスコミって信じられない。
この声は小さいかもしれないが
だれかに届くと信じて
今日もわたしは書くのであった。

武田さんの論説、こんなのもありますので、
ご参考までに。

武田教授が暴露。日本で分別やリサイクルの大嘘がまかり通る理由
https://i.mag2.jp/r?aid=a5ef5e80d29644

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

検診

2020/07/02、中区へ検診に行きました。
身長・体重を計測する部屋に入っていく
銀ラメの髑髏柄(額にPの字)
を着た、黒地のTシャツ女。

ロック感覚で検診に来てるんだね。
ライブハウスも、舞台上の透明バリアに
プロジェクターつかったり
工夫してるらしいけど。

別部屋で問診を受けることになりました。
カルテの入ったPCの前で
ドクターが困惑顔。
「ごめん、ちょっと外で待ってて」
なんだろう、と外で待ってるとドクターは、
近くの検診の係員の女性を呼んで、
「すまん、PCのパスワードがわからん」
おい。

バリウムの検査のあと
はずしたマスクを置き忘れ、
取りに行くなり係のひとが、
「あっ、マスクですねっ☆」
わたしの顔は覚えやすいのか?!

検査が終った後に、あちこち歩き回り、
本屋の雑貨コーナーで広島弁のコメント
(ようがんばったの、とか、
ほんの気持じゃけとか、いろいろ)
入ったご祝儀袋を発見。
珍しいので写真に撮りました。
義母はすっかりクタクタ。
わたしはハリポタ・ゲームの
特別任務が、あとちょっとで完了する、
というところまでいきました。

毎日、小話めいた
原稿用紙一枚程度の懐かしめの話を
書くつもりだったのですが
くたびれ果てて、2日目で挫折(笑)

筋力が衰えたらしく
足が痛くなってきた。
早く体重48キロに到達しなくては
歩けなくなるかもしれない。
戦々恐々たる、この日のわたしでした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

尾道ラーメンの挑戦

尾道で有名なのは、
ラーメンと
映画(大林宣彦監督の作品群)、
小京都の景色。

ところが、その尾道ラーメンの先駆者、
朱華園(しゅうかえん)が、
1年前の19日に閉店してしまい、
あとを追うラーメン店は
あれやこれや、工夫をしていると言う
中国新聞6月22日の記事でした。

ブームが再燃しているそうですが、
あるお店では、タイの煮干しで
ダシをとっています。
海産物がウリなのだとか。
また別の店では、
ニンニクや唐辛子、豚の背脂などを
炒めて入れたペペロンチーノ風の
ラーメンを出しているそうな。

あれこれ、目先を変えないと
生き残っていけないのがラーメン店の
宿命なのかもしれない。
わたしはペペロンチーノ風のラーメン、
食べてみたい気もするけれど、
夫はいやがるだろうなぁ。

尾道。また行きたいな。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

カメ止め動画30分版

『カメラを止めるな』リモート版。
https://www.youtube.com/watch?v=HTk2wqBxVfY

この情報、5月28日の朝日新聞に載ってた、と
記憶していますが、記憶違いかもしれない(汗)

カメ止めを、動画で30分間、
リモートでやってみよう、という企画です。
ちょっと見ましたが、
冒頭から、面白かったです。

成功した映画監督といえども、
それにあぐらをかかず、
挑戦していく姿勢が好感を持てます。
ほかの監督も、
挑戦していけばいいのにねえ。

カメ止め見た人なら
きっと、懐かしさと
新しさに感動するに違いない、
この動画。
AMAZONプライムでまた
「カメ止め」見たくなりました。

だれでも笑えるコメディって
なかなか作れないから、
すごいとおもう。
人の弱点を攻撃するような
笑いじゃないところも
すごいとおもう、
わたしであった。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

媒体の変化

ラジオで言ってたんですが
50年代から見ると
映像媒体を見られる機器が
どんどん、変わってきてる。

写真機は、だれでも撮れるようになり
ポラロイド、プリクラなどと変化して
スマホにまで搭載するために
アナログからデジタルへ。
昔ケータイに入れた写真が
見えません、と女子アナが悩ましげ。

テレビを録画するビデオも
ベータやVHS、
DVD、ブルーレイ。
レコードはカセットテープから
CD、インターネット。

映画もデジタルになり、
昔見られた映像が見れない。
しかし映画は、フィルムさえあれば
光を当てれば、見れる。

フィルムを入れる円筒形のケースを
小銭入れにしていた人もいる。
現像に使う青酸カリが手に入りやすいことから
殺人事件のトリックに使う作家もいた。

時代は変わってしまった。
この先も、また技術革新で撮っていた動画が
見られなくなるんだろう。
残していた自分の過去が
他人に蹂躙される過去になるんだね。

ひとの都合で過去が抹消されるのって、やだ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村