7月反省記

7月2日にローンチされたARスマホゲーム、
ハリポタ魔法同盟。
広島では、1週間で話題が途絶えました。
映画や原作を知っている人しか楽しめないし、
ARは重いしすぐスマホは熱くなるし
新しい場所を発見する楽しみもない。
リアルなCG画像はたしかに凄いとは思うけど
続けてやっていきたいかと言われるとビミョーです。
ポケモンGOよりずっとお金を使うところも
あまり評価できない一因かな。
たしかに権利関係で必要なんでしょうけど……。
ストーリーの説明も長いし、ややこしい。
翻訳調の文体に慣れてない人には、
ガックリものじゃないかなと思ってしまう。
わたしは夫と楽しみたいのでやってますが、
Nianticはもっと工夫しなければ、
長続きはしないゲームじゃなかろうか。
後発作品にしては、
Nianticのいいところが、完全に無くなった感はんぱないです。
ローリングの監修、受けてるとしても
なんか、物足りないんだよねー。
自分で工夫してゲームに付加価値を付けていく楽しみってのが
このハリポタ魔法同盟にはありません。
創造力を萎えさせるゲームってあまり評価できない。

2019/07/13、糖尿病予備軍なので甘い物を控え始めています。
こないだ行った検診の血液検査で、糖尿病予備軍だと結果が出まして、
「肥満です。減量しましょう」
としっかり書かれてしまい、それ以来晴れた日は自転車で1時間走り回り、
雨の日はヨガを1時間するという生活を続けております。
せっかく訪れている 「30歳オーバー主人公の小説募集します」 のチャンスも、
この分では間に合いません。決定です。
健康あっての創作ですからね。
糖質たっぷりのみりんが使えなくなって、流し台に廃棄。
砂糖はパルスイートになり、おやつは週一だけになり、
ヨーグルトに入れていたジャムははちみつになりました。
砂糖なしの生活なんて……。
うなされます。

いま書いている『スターマン』の影響多大な
「異世界人ジェイディス」 は、少々パクリ感が滲み出てしまって、
オリジナリティーが不足しているようなので、
破棄することにしました。
どうせ書くなら、自分らしさというものを追求したいわけです。
レーベルの色がつくといっても、最終的には作家はその文体の個性で売るんです。
わたしはまだまだ、そこまで行ってません。
構成がダメだー! 会話が単調だー! 息抜きのシーンがないぞー!!!
娯楽作家より純文学作家に向いてるかも知れないと思い始める今日この頃です。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

6月末反省記

2019/06/14、富士見書房むけの16万字程度の作品を書いてます。
「パート・タイム・パトロール」をリライトしています。
タイトルも、「主婦は時間探偵」 と改題。
1日2000字から3000字を書いてます。
16万字書かねばなりません。
〆切りに間に合うでしょうか^^;;
ほかに「異世界人ジェイディス」 というタイトルのも書いてます。
こっちはゆっくり書くことにしてます。間に合わなくてもいいんです。
試験的に書いてみて、間に合えば投稿するかな、と思ってる。
大切なのは、わたしの大好きな時間旅行モノで勝負するってこと。
アマチュアの間だけだからね、好きなことが書けるのは。
ジェイディスや時間探偵の話は、『スターマン』の影響がモロあります。
好きなんです。スターマン。

2019/06/17 検診に行きました。
待ち時間のあいだ、『思わず考えちゃう』 (シンスケヨシタケ)と
『ショートショート ドロップス』(新井素子編)の2冊を読了。
検診のある中区までは1時間かかります。
なので、順番は65番目でした。
雑誌(レタスクラブ・オレンジページ)をチラ見して、
新しい食事のレシピを覚えて帰りました。
著作権の関係でお話しできないのが残念です。
おいしそうでしたよ。

2019/06/19 美容院に行きました
髪の毛を染め、長くなった髪の毛を切りました。
サークルの人が、「若返った」 と言いました。
まえはおばさん臭いと言われていましたので、
ちょっと誇らしくなりました。
美容院を変えたのですが、切るだけならどこも同じだね。
安くなったし、ルンルンです。

2019/06/18 町内HP、管理を委譲する
わたしが作った町内HPですが、パソコンボランティアをやめたので、管理者がいなくなりました。
で、町内会長に依頼したら、
管理を引き受けてくださるということで、大変感謝しています。
これでもう、よけいに時間のかかる仕事はしなくて済みそうです。
ただ、会長におかれましては、負担が増えたんじゃないかとそれが心配。
責任を中途で投げ出すことになって、ほんとに申し訳ないんです。
でもわたしには、夢がありますから!
54でデビュー。ムリかもしれんが。
まあ、挑戦だよなにごとも。

2019年6月23日(日曜日)の中国新聞SELECTで、
シリコンバレー狂想曲という番組がナショナルジオグラフィックで28日午後9時ほか放送される、
と書いてありました。

(一部抜粋)

インターネットバブルを通して爆発的に形成を変えていった、米国のシリコンバレーの出来事を描く。誰もがよく知るテクノロジーの台頭、衰退、そして復活を経験した人物たちに焦点を当て、これまで一度も語られたことのないテクノロジー革命の真実を、ハリウッドの制作陣が手がけた脚本と演出によるドラマ部分と、本人が語るインタビュー部分を組み合わせて明らかにする

(以下省略)

ナショナルジオグラフィックを見られる環境があるのなら、ぜひご覧になってはいかがでしょうか。
わたしは興味はあるけどお金がないので見られません……TT
既にご存じなら、すみませんでした。

 

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

5月末反省記(後編)

昨日の続きです。
いだてん #19感想いきます
いだてんドラマのレジュメやなつぞらのレジュメが著作権法に触れているという指摘がありました。
で、感想を書くんですが、いだてんって感想が書きにくいドラマなんですよね……。
マラソン馬鹿の四三くんと、落語バカの志ん生ふたりの、
どっちに感情移入していいかわからない。
四三くんもいいけど、志ん生も捨てがたいもの。
#19では 四三の努力で、箱根駅伝が出来ましたし、嘉納治五郎がアントワープオリンピックに
マラソンを付け加えてくれと嘆願するようになっていったというところが
感動的でした。
志ん生のほうは、創作落語で駅伝式で落語を語ります。
語り口がじょうずなので、魅せられてしまいました。
落語って、いいですね。一度ナマで見たいけど、高いだろうなぁ。

シュミカツに参加しました。
SEGAが運営しているシュミカツサイトに投稿を開始しています。
毎日アクセスしていれば、ポイントがもらえるそうです。
2003年頃に シュミートってSNSに参加したことがありますが、
それとは違って写真投稿が中心のようです。
シュミートは、つまらないのでやめてしまいました。
シュミカツも、いつまで続くやら。

講談社セルバンテスを中心に、創作物を発表中。
『広島の人々』 というのがそのタイトル。
カクヨムよりも大人ぽく攻めてみています。
なかでも父のことはこだわりがあるので、
しつこく書いています。
妹については、どうでもいい。
自分の内部に潜む悪がこわい。

FBで「なつぞら」のグループに入団していたんですが、
わたしがドラマの端役にあたるひとを「モブキャラ」と評したことから
わたしの投稿は失礼だし迷惑だとして、退部させられてしまいました。
言い過ぎだったとは思うけど、なんの警告もなしに退去させられたので、
ちょっと驚いています。
世の中の人って、あんなものなのでしょうねえ。
世間ずれてないわたしとしては、この経験をもとになにか創作できないかな
と夫に言ってみると、
「マイナスの感情から出た作品には、ロクなものはない」
そうかな? 太宰治は 「人間失格」 を書いたし、宇野千代とか瀬戸内寂聴だって
マイナスの感情から作品を作ったことは多々あったはず。
マイナスから逃げてたら、大人の作品は書けないと思う。
童話だって、「ごんぎつね」や「赤いろうそくと人魚」という、
どうしようもなく暗い話もある。
いろんな話をつくってみたいです。それが出来れば、だけどね。
というわけで、勉強あるのみです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

5月末反省記(前編)

令和になりました。文章の勉強をはじめています。書いて書いて書きまくれ、
と言う人もいますが、ヘンテコなものしか書けません。まずは基礎からやってます。
面白くないって言われているのでへこみます(TT)
とりあえず、目標の、月~土曜まで500文字書くことですが、
『なつぞら』のレジュメが著作権法に触れていると言うことで、
できなくなりました。
もっと違うやり方を考えなくてはなりません。困ったな。
日曜日は夫と遊んでばかりいます(笑) 『精霊の守り人』 の研究をしなければと思いつつ……
令和元年のあいだに、星新一賞のための下書きを、10個以上は書きたいですね~。
アイデアがないからダメかもしれんが。

今月はドラマのレジュメをやめました。
ドラマのレジュメが著作権法に触れているとは知らなかったので、
感想だけ書こうかなと思ってるところです。

Novel Days(講談社のラノベ専門サイト)で、アシエラさんという人と仲良くなりました。
このアシエラさんは、『天使と悪魔の聖書漫談』 で、Novel Days 聖書ラノベ新人賞佳作を取っています。
わたしと似た感覚の人ですが、わたしよりも詳しくて尊敬しています。
まじめにクリスチャンしているところが、とくに好感を持てます。(わたしはひねくれてるからな)
この『天使と悪魔の聖書漫談』 には、わたしの本名の由来になった
ルツ記(落ち穂拾いのやつ)もありますし、
『おしの』で芥川龍之介がコキおろした、
「我が神、我が神、なにゆえ我を見捨てたもう」(エリ・エリ・レマ・サバクタニ)
の話も載ってます。
イエスが、ファリサイ人や律法学者たちへの批判ばかりではなく、
神殿で乱暴も働いていた話も、バッチリ書いてあります。
とは言うものの、わたしよりも穏健派かもしれません。

アシエラさんは、マジメな人だから、コメントはマジメにしています(おい)
わたしにはサークル活動をしていたとき、イエスを冒涜されたことで友情にヒビが入った経験があります。
宗教ってやーね、と冷静に思う一方で、
マジメに信じてるのに、と怒る自分もいます。
日本人は不寛容になったと嘆く人がいますが、
幼少のころにファミコンゲームなどの影響を受けていたからかも知れない。
敵と戦ってこれに勝利、スッキリ!
でも、敵の事情を無視して全面否定したら、残るのは沙漠だけだ。

解決できない問題に耐えるってこと、だいじだよ。
妹の事件について、わたしは、耐えている。
父のことで憎しみを覚えていても、
解決できない自分の能力に絶望を感じても。
わたしは、耐えている。

いつか、わたしの体験が、実を結びますように。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村